Flutter(フラッター)とは?特徴と導入するメリットを解説

Google社によって開発されたアプリケーションフレームワーク「Flutter(フラッター)」の特徴と導入するメリットについて紹介します。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

Flutter(フラッター)とは?

Flutter(フラッター)とは、2018年にGoogle社によってリリースされたフレームワークです。Flutterはクロスプラットフォーム開発を得意としています

クロスプラットフォームとは?

クロスプラットフォーム(マルチプラットフォーム)とは、AndroidやiOSなど異なるOSやデバイスのプラットフォーム上で同じアプリケーションを動かせる仕組みのことです。

従来までは、iOSアプリ開発なら「Swift」、Androidアプリ開発なら「Kotlin」などそれぞれのOSに対応するプログラミング言語でアプリ開発をする必要がありましたが、Flutterではスマホアプリ、Webアプリ、デスクトップアプリの同時開発が可能です。

Dart言語とは?

Dart(ダート)とは、2011年にGoogle社によって発表されたプログラミング言語です。現在は主に「Flutterの開発言語」として注目を集め、将来性の高い言語として評価され始めました。

JavaScriptの欠点を補う優れたパフォーマンス性を持つアプリ開発が可能です。

FlutterとReact Nativeどっちが人気?

上画像はクロスプラットフォーム開発を得意とする「Flutter」と「React Native」の過去5年間の人気度動向です。2019年半ばにFlutterが人気を上回ってからは人気の差が歴然となりました。

フレームワーク対応プラットフォーム
FlutteriOS, Android, Web, Windows, Mac, Linux
React NativeiOS, Android, Web(Windows)

Flutterでは、React Nativeでは対応していないデスクトップアプリ開発が可能です。

Flutterを導入するメリット

Dart言語の学習コストが低い

Flutterで使用されているDartはJavaScriptと構文が似ており、既にJavaScriptに触れたことがあるエンジニアにとって学びやすく、プログラミング初学者でも扱いやすい言語だと思われます。

ホットリロード機能(HotReload)によるスムーズな開発

Flutterには「ホットリロード機能」と呼ばれるコードの変更を数秒でUIに反映できる機能が搭載されおり、スムーズなアプリ開発が可能です。

マテリアルデザインによる表現力豊かなUI

FlutterではGoogle推奨のマテリアルデザインを利用できます。マテリアルデザインではユーザーが見やすく、直感的に操作できる「物理的法則」が取り入られています。

多くのエディタ(IDE)に対応

Flutterでは「Android Studio」「Visual Studio Code」「IntelliJ IDEA」など多くのエディタに対応しているので、自分好みの開発環境でアプリ開発が可能です。

iOSとAndroidアプリを同時開発できる

iOSとAndroid両方のOSに対応したスマホアプリを同時開発できるので、ネイティブアプリ開発よりも多くのユーザーを獲得しやすく収入源を増やせます。

「開発コスト削減」と「開発期間短縮」が可能

Flutterではクロスプラットフォーム開発が可能なので「開発コスト」の削減が可能です。ホットリロード機能やパッケージを利用できるので「開発期間」の短縮も期待できます。

  • URLをコピーしました!
目次