【Flutter/Dart】例外(Exception)を手動でスロー(throw)

try-catch文(例外処理)では手動で例外Exceptionをスローthrowすることも可能です。

try-catch文の基本形が知りたい方はこちら

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

throwとException

try {
  if(...){
    //通常の処理
  }else{
    throw Exception(); //例外をスロー
  }
} catch (e) {
  //Exceptionをキャッチ
}

try-catch文では上記コードのように例外を手動でスローできます。

void enterName(String name) {
  if (name.length > 0) {
    print('名前:name');
  } else {
    throw Exception('名前が入力されていません');
  }
}

void main() {
  try {
    String name = '';
    enterName(name);
  } catch (e) {
    print(e);
  }
}

//出力
//名前が入力されていません

上記コードではenterNameの引数のlengthが0の場合に例外をスローしています。

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次