【Flutter/Dart】List, Set, Mapから指定した要素を削除

List型、Set型、Map型の配列から指定した要素を削除する方法を紹介します。

今回は「removeメソッド」を使用します。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

Listから要素を削除

var list = ['apple', 'banana', 'grape', 'apple'];
print(list.remove('apple'));
print(list);

//結果
//true
//[banana, grape, apple]

配列に指定した要素がある場合は先頭に最も近い要素が削除され「true」を返し、指定した要素がない場合は「false」を返します。

Setから要素を削除

var set = {'apple', 'banana', 'grape'};
print(set.remove('apple'));
print(set);

//結果
//true
//{banana, grape}

配列に指定した要素がある場合は要素が削除され「true」を返し、指定した要素がない場合は「false」を返します。

Mapから要素を削除

var map = {
  1: 'apple',
  2: 'banana',
  3: 'grape',
};
print(map.remove(1));
print(map);
print(map.remove(4));

//結果
//apple
//{2: banana, 3: grape}
//null

配列に指定したkey(キー)がある場合は要素が削除され「値」を返し、指定した要素がない場合は「null」を返します。

  • URLをコピーしました!
目次