【Flutter】PageViewで現在ページを取得する

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

今回はPageViewで表示されている現在のページを取得する方法を紹介します。

現在のぺージを取得するにはPageViewonPageChangedを使用します。

スポンサーリンク

目次

onPageChangedで現在ページを取得

PageView(
  onPageChanged: (index) {
    print('現在のページ:${index + 1}');
  },
  children: [
    Center(
      child: Text('Page 1'),
    ),
    Center(
      child: Text('Page 2'),
    ),
    Center(
      child: Text('Page 3'),
    ),
  ],
);

onPageChangedの引数にコールバック関数を渡し現在ページのインデックスを取得できます。

上記コードではindexで現在ページのインデックスを取得しています。

サンプルコード

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(const MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: const Text('FlutterZero'),
        ),
        body: MyCustomApp(),
      ),
    );
  }
}

class MyCustomApp extends StatefulWidget {
  const MyCustomApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  State<MyCustomApp> createState() => _MyCustomAppState();
}

class _MyCustomAppState extends State<MyCustomApp> {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return PageView(
      onPageChanged: (index) {
        print('現在のページ:${index + 1}');
      },
      children: [
        Center(
          child: Text('Page 1'),
        ),
        Center(
          child: Text('Page 2'),
        ),
        Center(
          child: Text('Page 3'),
        ),
      ],
    );
  }
}

一緒に読みたい

参考

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次