【Flutter】パッケージを導入・使用できない場合の対処法

今回はpab.devからパッケージを導入できない・使用できない場合の対処法を紹介します。

パッケージを導入できない多くのケースはpubspec.yamlのインデントが正しく揃っていない、pubspec.yamlが更新されていない、導入したパッケージのバージョンが古い場合だと思われます。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

pubspec.yamlが更新されているか?

pubspec.yamlにコードを追加した後に更新し忘れていないか確認します。

ターミナルで下コマンドを実行すればpubspec.yamlが更新されます。

flutter pub get

パッケージが最新バージョン(正しいバージョン)か?

パッケージの中には最新バージョンでないと上手く機能しないものもあります。ターミナルでコマンド①を実行すれば全てのパッケージを最新バージョンにアップグレードできます。

全てのパッケージを最新バージョンにすると不具合が出る場合は、任意のパッケージのみアップグレードできるコマンド②を使用します。

① flutter pub upgrade
② flutter pub upgrade パッケージ名

pubspec.yamlでインデントが正しいか?

//「〇」は空白(インデント)

dependencies:
〇〇flutter:
〇〇〇〇sdk: flutter

〇〇〇〇webview_flutter: ^3.0.4

pubspec.yamlではインデントを正しく揃える必要があります。(半角スペース2つ)

正しくインデントされていない場合は以下のようなエラー文が表示されます。

Error detected in pubspec.yaml:
Error on line 36, column 26: Mapping values are not allowed here. Did you miss a colon earlier?

コマンドでコード追加がオススメ!

パッケージを導入する際はターミナルからコマンドを使って導入した方が間違えないのでオススメです。導入後自動的にpubspec.yamlが更新されます。

コマンドは導入するパッケージの「installing」から確認できます。

dartファイルにインポートコードを追加しているか?

pubspec.yamlにパッケージを導入した後はmain.dartなどのdartファイルにもパッケージのインポート文を追加する必要があります。

一緒に読みたい

  • URLをコピーしました!
目次