【Flutter/Dart】文字列の改行|複数行ならトリプルクォーテーションが便利

文字列を改行させる方法を紹介します。

文字列を改行させるには「\n」「トリプルシングルクォーテーション(''')」「トリプルダブルクォーテーション(""")」の3つがあります。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

文字列の改行|エスケープシーケンス+n

void main() {
  String string = 'Hello\nWorld';

  print(string);
}

//結果
//Hello
//World

文字列を改行させるには改行させたいポイントで「\n」を使用します。

トリプルクォーテーション|複数行一気に記述

void main() {
  var single = '''
  single
  triple
  quotes
  ''';

  var double = """
  double
  triple
  quotes
  """;

  print(single);
  print(double);
}

//結果
//single
//triple
//quotes
//double
//triple
//quotes

「\n」で改行せずに文字列を複数行表示したい場合は「トリプルシングルクォーテーション(''')」または「トリプルダブルクォーテーション(""")」を使用できます。

「'''」と「"""」はどちらも使い道は同じです。

文字列にエスケープシーケンスなしで「'」「"」を使用できる

void main() {
  var single = '''
  '
  ''
  ''';

  print(single);
}

//結果
//'
//''

使用しているトリプルクォーテーションと同じクォーテーションマークを「1文字」または「2文字連続」で文字列で使用できます。

Textクラスでも同様

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        body: Center(
          child: Text(
            "Hello\nWorld", // <- ここ
            style: TextStyle(
              fontSize: 50,
            ),
          ),
        ),
      ),
    );
  }
}

Flutterの「Textクラス」など文字列を使用するWidgetでも同様に改行できます。

  • URLをコピーしました!
目次