【Flutter/Dart】Mapの使い方|プロパティ・メソッドまとめ

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

Mapクラスの「チートシート」です。

Mapクラスの主なプロパティ・メソッドをまとめました。

スポンサーリンク

目次

主なプロパティ一覧

概要プロパティ名(リンク先は公式)
要素を数えるlength
全てのキーを取得keys
全ての値を取得values

length

var fruit = ['A', 'B', 'C'];
print(fruit.length);

//結果
//3

配列の要素の数はList型、Set型、Map型いずれでも数えられます。

keys

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

print(map.keys.toList());

//結果
//[1, 2, 3]

keysプロパティで全てのキーを取得します。

values

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

print(map.keys.toList());

//結果
//[A, B, C]

valuesプロパティで全ての「キーの値」を取得します。

主なメソッド一覧

概要メソッド名
複数の要素を一括追加addAll
要素を空にするclear
指定したキーが含まれているか判定containsKey
指定した値が含まれているか判定containsValue
要素をループ処理で順に取得forEach
指定した要素を削除remove
指定したキーの値を置換update
全ての値を同処理で置換updateAll

addAll

var map = {
  1: 'apple',
  2: 'banana',
  3: 'grape',
};

map.addAll({4: 'orange', 1: 'lemon'});
print(map);

//結果
// {1: lemon, 2: banana, 3: grape, 4: orange}

Map型では追加する要素のキー(key)が既に存在している場合は値が更新され、keyが存在していない場合は新しく要素が追加されます。

clear

var map = {
  1: 'apple',
  2: 'banana',
  3: 'grape',
};

map.clear();
print(map);

//結果
//{}

配列の要素を空にできます。

containsKey

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

print(map.containsKey(1));
print(map.containsKey(4));

//結果
//true
//false

指定したキーが含まれる場合は「ture」、含まれない場合は「false」を返します。

containsValue

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

print(map.containsValue('A'));
print(map.containsKey('D'));

//結果
//true
//false

指定したキーの値が含まれる場合は「ture」、含まれない場合は「false」を返します。

forEach

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

map.forEach((key, value) {
  print('キー:$key, 値:$value');
});

//結果
//キー:1, 値:A
//キー:2, 値:B
//キー:3, 値:C

remove

var map = {
  1: 'apple',
  2: 'banana',
  3: 'grape',
};
print(map.remove(1));
print(map);
print(map.remove(4));

//結果
//apple
//{2: banana, 3: grape}
//null

配列に指定したkey(キー)がある場合は要素が削除され「値」を返し、指定した要素がない場合は「null」を返します。

update

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

map.update(1, (value) => 'D');
print(map);

//結果
//{1: D, 2: B, 3: C}

updateメソッドの第一引数に「キー」、第二引数に「コールバック関数」を渡します。

updateAll

var map = {
  1: 'A',
  2: 'B',
  3: 'C',
};

map.updateAll(
  (key, value) => value.toLowerCase(),
);

print(map);

//結果
//{1: a, 2: b, 3: c}

updateAllメソッドではコールバック関数を引数に同処理で配列の値を置換できます。

\ Udemyの最新セール状況をチェック /

Udemyの口コミ・評判はこちら

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次