【Flutter】main()とrunApp()の役割とは?

今回はFlutterのアプリ開発で必須となるmainrunAppについて紹介します。

Flutter初心者向けに分かりやすく解説していきます。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

main関数とは?

void main() {
  print("Hello World");
}

//出力
//Hello World

mainはDart(Flutter)で処理を実行する上で必須の関数です。

mainで定義した処理がエントリーポイントとして最初に実行されます。

runApp関数とは?

void main() {
  runApp(MyApp());
}

runAppではウィジェットツリーの始まり(先祖)となるWidgetをUI(アプリのスクリーン)に反映できます。

上記コードの場合はMyAppがウィジェットツリーの始まりとなります。

アロー関数で1行にまとめられる

void main() => runApp(MyApp());

main(){}{}の代わりにアロー関数=>を使用してコードを簡略化できます。

サンプルコード

import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  runApp(MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(title: const Text('FlutterZero')),
      ),
    );
  }
}

一緒に読みたい

  • URLをコピーしました!
目次