【Flutter】main.dartとは?アプリ起動時のエントリーポイント

今回はFlutterでアプリ開発をする上で必須となるmain.dartとは何かについて紹介します。

main.dartの解説と一緒にmainrunAppについても解説していきます。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

main.dartはどこにある?

Android StudioやVSCodeでFlutterの新規プロジェクトを作成した場合、main.dartはFlutterプロジェクト直下のlibにあります。

Flutterでアプリ開発をしていると最終的に複数のdartファイルが生成されると思われますが、全てのdartファイルはこのlibで管理されます。

main.dartとは?

main.dartは他のdartファイルとは異なり、アプリ起動時のエントリーポイントとなるmain関数とセットで使用されます。

mainmain.dart以外のファイルでは使用できず、mainで書いた処理が順に実行されます。

「Hello World」を出力

こんな感じでmainprint関数を使用すればDart処理を実行できます。

runApp関数とは?

void main() {
  runApp(MyApp());
}

Flutterで新規プロジェクトを作成すると上記コードのようにmainrunAppが使用されていますが、runAppでは指定したWidgetをウィジェットツリーの始まりとしてUIに反映できます。

Widgetについての詳細は下の解説記事をお読みください。

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次