【Flutter/Dart】ループ処理(反復処理)|for/while/break/continue

Dartの使い方を初心者向けに紹介します。

本記事では「ループ処理」の種類と使い方を解説していきます。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

主なループ処理・反復処理

ループ処理意味
for初期値・条件式・変化式を指定し反復処理
for-in配列の値を順に取得し反復処理
forEach配列の値を順に取得し反復処理
while条件式が真の間反復処理
do-while条件式が真の間反復処理

Dartの主なループ処理は上記の5つです。

ループ処理の中断・スキップ

意味
breakループ処理を途中で中断
continueループ処理の残りの処理をスキップ

break文でループ処理を途中で中断、continue文で残りの処理をスキップできます。

for文

for (初期化式; 条件式; 変化式) {
  条件が真の間指定した処理を
}
for (var i = 0; i < 3; i++) {
  print(i);
}

//結果
//0
//1
//2

for文では「初期化式」「条件式」「変化式」を指定し、条件式が真(true)の間ループ処理を行います。

for-in文

for (var 配列 in 配列) {
  変数を使って反復処理を記述
}
var list = ['A', 'B', 'C'];
for (var value in list) {
  print(value);
}

//結果
//A
//B
//C

for-in文はListなどの配列の値を順に取得しループ処理を行います。

forEach文

配列.forEach((変数) {
  変数を使って反復処理を記述
});
var list = ['A', 'B', 'C'];
list.forEach((value) {
  print(value);
});

//結果
//A
//B
//C

forEach文はListなどの配列の値を順に取得しループ処理を行います。

while文

while (条件式) {
  //条件が真の場合に実行する処理
}
int i = 0;
while (i < 3) {
  print(i);
  i++;
}

//結果
//0
//1
//2

while文では条件式が真(true)の間ループ処理を行います。

do-while文

do {
  //1回目の処理は必ず実行
  //2回目以降の処理は条件式の結果次第
} while (条件式);
int i = 0;
do {
  print(i);
  i++;
} while (i < 3);

//結果
//0
//1
//2

while文と似たループ処理に「do-while文」があります。

do-while文では1回目の処理が必ず一度実行しその後でループ処理を続けるか条件式でチェックします。例としてはパスワードチェックなので使用されます。

break文

for(条件式){
  //処理1
  break;
  //処理2
}
for (var i = 0; i < 10; i++) {
  if (i == 3) {
    break;
  }
  print(i);
}

//結果
//0
//1
//2

break文はループ処理を途中で中断して抜ける際に使用します。

break文が実行されると残りの処理(処理2)は実行されずにループ処理を中断します。

continue文

for(条件式){
  処理1
  continue;
  処理2
}
for (var i = 0; i < 10; i++) {
  if (i % 2 == 0) {
    continue;
  }
  print(i);
}

//結果
//1
//3
//5
//7
//9

continue文はループ処理をスキップして次の処理を実行する際に使用します。

continue文が実行されると残りの処理(処理2)をスキップして次の処理に移ります。

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次