【Flutter】ListTile|リスト表示の要素を生成

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

今回はListTileの基本的な使い方を紹介します。

ListTileを使えばListViewなどのリスト表示するWidgetの要素を生成できます。

スポンサーリンク

目次

ListTileの使い方

ListTile(
  leading: Icon(Icons.face),
  title: Text('This is title'),
  subtitle: Text('This is subtitle'),
  trailing: Icon(Icons.more_vert),
),

ListTileでは上記コードのように指定した位置にWidgetを設置できます。

影をつける

Card(
  child: ListTile(
    leading: Icon(Icons.face),
    title: Text('This is title'),
    subtitle: Text('This is subtitle'),
    trailing: Icon(Icons.more_vert),
  ),
),

ListTileに影を付けて立体にしたい場合はCardでラップします。

密度を高める

ListTile(
  dense: true,
  leading: Icon(Icons.face),
  title: Text('This is title'),
  subtitle: Text('This is subtitle'),
  trailing: Icon(Icons.more_vert),
),

densetrueにすることで要素の密度を高められます。

デフォルトではfalseになっています。

dense: true

dense: false

一緒に読みたい

参考

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次