【Flutter/Dart】Listに指定した値が含まれているかチェック

List型の配列に指定した値が含まれているかチェックする方法を紹介します。

今回はListクラスの「indexOf / lastIndexOfメソッド」を使用します。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

indexOf|配列の先頭からチェック

var list = ['A', 'B', 'C', 'A', 'B', 'C'];
print(list.indexOf('B'));

//結果
//1

indexOfメソッドでは配列の先頭から順に指定した値が含まれているかチェックしていき、一番初めに取得した要素のインデックスを返します。

指定した値が含まれている場合は配列の先頭に最も近い値のインデックスを返し、含まれていない場合は「-1」を返します。

開始インデックスを指定

var list = ['A', 'B', 'C', 'A', 'B', 'C'];
print(list.indexOf('B', 2));

//結果
//4

第二引数に開始インデックスを渡して、配列の何番目から要素をチェックするか指定できます。

lastIndexOf|配列の末尾からチェック

var list = ['A', 'B', 'C', 'A', 'B', 'C'];
print(list.lastIndexOf('B'));

//結果
//4

indexOfメソッドでは配列の末尾から順に指定した値が含まれているかチェックしていき、一番初めに取得した要素のインデックスを返します。

指定した値が含まれている場合は配列の末尾に最も近い値のインデックスを返し、含まれていない場合は「-1」を返します。

開始インデックスを指定

var list = ['A', 'B', 'C', 'A', 'B', 'C'];
print(list.indexOf('B', 2));

//結果
//1

第二引数に開始インデックスを渡して、配列の何番目から要素をチェックするか指定できます。

  • URLをコピーしました!
目次