【Flutter/Dart】Future.delayed|指定時間経過後に処理を実行

今回はFuture.delayedの使い方を紹介します。

Future.delayedを使えば指定時間経過後に処理を実行できます。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

Future.delayedの使い方

Future.delayed(
  Duration(seconds: 3),
  () => print('3秒経過しました。'),
);

Future.delayedの第一引数にDurationを渡し遅らす時間を指定し、第二引数にコールバック関数を渡します。

時間を経過させるだけも可能(返り値なし)

Future.delayed(Duration(seconds: 3));

コールバック関数はは「オプショナル引数」なので省略可能です。

時間経過だけする場合はDurationのみ使用します。

サンプルコード

上記コードでは「カウント開始」が出力されてから3秒後にFuture.delayedのコールバック関数で決めた処理が実行されます。

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次