【Flutter】TextFieldの入力値をリアルタイムで取得する

TextFieldまたはTextFormFieldの入力値をリアルタイムで取得する方法を紹介します。

入力フォームの値をリアルタイムで取得する方法にはonChangedを使用する方法とTextEditingControllerを使用する方法の2つがありますが今回は前者を紹介します。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

「onChanged」で入力値をリアルタイムで取得

TextField(
  onChanged: (text) {
    print('TextFieldの値: $text');
  },
),

上記コードのようにonChangedTextFieldの入力値をリアルタイムで取得し、取得した値で別の処理を実行できます。(textで入力値を受け取る)

TextFormFieldも同様に扱えます。

サンプルコード

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(const MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(title: const Text('FlutterZero')),
        body: const MyCustomForm(),
      ),
    );
  }
}

class MyCustomForm extends StatelessWidget {
  const MyCustomForm({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Padding(
      padding: const EdgeInsets.all(8.0),
      child: Column(
        children: [
          TextField(
            onChanged: (text) {
              print('TextFieldの値: $text');
            },
          ),
          TextFormField(
            onChanged: (text) {
              print('TextFormFieldの値: $text');
            },
          ),
        ],
      ),
    );
  }
}

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次