【Flutter/Dart】for文|条件が真の間ループ処理

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

Dartのループ処理の1つ「for文」の使い方を紹介します。

for文は指定した条件が真の間、ループ処理を実行します。

スポンサーリンク

目次

for文の使い方

for (初期化式; 条件式; 変化式) {
  条件が真の間指定した処理を実行
}
初期化式条件式で使用する変数の初期値
条件式ループ処理の繰り返し条件
変化式初期値の増減式
for (var i = 0; i < 3; i++) {
  print(i);
}

//結果
//0
//1
//2

for文では「初期化式」「条件式」「変化式」を指定し、ループ処理を記述します。

条件式が真の間は処理を実行し、偽になったらループ処理を終了します。

無限ループ

for (var i = 0; i < 3; i--) {
  print(i);
}

//結果
//0
//-1
//-2
//-3
//...

for文で条件が満たされない場合は無限ループになってしまうので、条件式がいずれ偽になるように変化式を作成します。

関連チートシートはこちら

\ Udemyの最新セール状況をチェック /

Udemyの口コミ・評判はこちら

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次