【Flutter】flutter_lorem|Lorem Ipsum(ダミーテキスト)を生成

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

今回はLorem Ipsum(ダミーテキスト)を生成できるパッケージflutter_loremを紹介します。

「Lorem Ipsum」とは何の意味ももたない文字列でデザインサンプルとして良く使用されます。

スポンサーリンク

目次

事前準備|flutter_loremの導入

$ flutter pub add flutter_lorem
import 'package:flutter_lorem/flutter_lorem.dart';

flutter_loremを導入します。

Lorem Ipsumの生成方法

String text = lorem(words: 60, paragraphs: 3);

Lorem Ipsumを生成するにはflutter_loremライブラリのlorem関数を使用します。

wordsで文字数、paragraphsでパラグラフ数を指定できます。

Textの文字列として使用してみる

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:flutter_lorem/flutter_lorem.dart';

void main() => runApp(const MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: const Text('FlutterZero'),
        ),
        body: MyCustomApp(),
      ),
    );
  }
}

class MyCustomApp extends StatefulWidget {
  const MyCustomApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  State<MyCustomApp> createState() => _MyCustomAppState();
}

class _MyCustomAppState extends State<MyCustomApp> {
  String text = lorem(words: 60, paragraphs: 3);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Center(
      child: Column(
        mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
        children: [
          Padding(
            padding: EdgeInsets.all(20),
            child: Text(text),
          ),
          ElevatedButton(
            onPressed: () => setState(() {
              text = lorem(words: 60, paragraphs: 3);
            }),
            child: Text('Update'),
          )
        ],
      ),
    );
  }
}

参考

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次