【Flutter/Firestore】iOSビルドが遅い場合の対処法|Podfileに1行追加で早くする

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

FlutterプロジェクトにFirestoreのcloud_firestoreパッケージを導入し、iOSシミュレーターをビルドしてみたら「ビルドが遅すぎる」と思った方向けにビルド時間を早くする方法を紹介します。

Podfileに1行コードを追加するだけでビルド時間が早くなります。

スポンサーリンク

目次

Firedtore導入後のiOSビルドを早くする方法

pod 'FirebaseFirestore', :git => 'https://github.com/invertase/firestore-ios-sdk-frameworks.git', :tag => '9.3.0'

上記コードをコピーしたら、Flutterプロジェクトを開き./ios/PodfilePodfileを開きます。

target 'Runner' do
  pod 'FirebaseFirestore', :git => 'https://github.com/invertase/firestore-ios-sdk-frameworks.git', :tag => '9.3.0'
# ...
end

Podfileを開いたら上記コードのようにtarget 'Runner' doendの間に先ほどコピーしたコードをペーストし保存します。(インデントは空白2つ分)

これでiOSアプリのビルド時間が短くなっているはずです。

次のようなエラーが発生した場合の対処法

CocoaPods could not find compatible versions for pod "FirebaseFirestore":
  In Podfile:
    FirebaseFirestore (from `https://github.com/invertase/firestore-ios-sdk-frameworks.git`, tag `8.15.0`)

    cloud_firestore (from `.symlinks/plugins/cloud_firestore/ios`) was resolved to 3.4.3, which depends on
      Firebase/Firestore (= 9.3.0) was resolved to 9.3.0, which depends on
        FirebaseFirestore (~> 9.3.0)

iOSアプリをビルドして上記のようなエラーメッセージが表示された場合は、コード最後のtagtag => '9.3.0'のバージョンが古くなっているのでバージョンを上げてみてください。

一緒に読みたい

参考

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次