【Flutter/Firebase】iOSアプリに導入|セットアップ編

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

今回はFlutterで開発しているiOSアプリにFirebaseを追加する方法を紹介します。

本記事の画像を参考にしながら一緒にFirebaseの導入を進めていくのがオススメです。M1 MacでiOSアプリを開発している場合はCocoaPodsのインストール方法が異なるので下の解説記事をお読みください。

スポンサーリンク

目次

Firebaseで新規プロジェクトを作成

まずは「Firebase Console」で新規プロジェクトを作成します。

iOSアプリにFirebaseを導入

作成したFirebaseプロジェクトの管理画面を開いたら「iOSアイコン」をクリックし、Flutterで開発しているiOSアプリに Firebaseを追加していきます。

ステップ1:アプリの登録

「AppleバンドルID(Bundle Identifier)」はFirebaseを導入するFlutterプロジェクトから取得します。「アプリのニックネーム」は管理者のみに表示されます(ユーザーには表示されない)。

AppleバンドルIDを取得するにはまずiosをXcodeで開きます。

Xcodeを開いたらRunner > Generalから「AppleバンドルID(Bundle Identifier)」を取得できます。Xcodeはこの後も使用するので閉じなくて大丈夫です。

ステップ2:設定ファイルのダウンロード

「設定ファイルのダウンロード」からGoogleService-info.plistをダウンロードし、Xcodeで指定された場所に移動させます。

RunnerGoogleService-info.plistをドラッグ&ドロップします。(2つあるので間違えないよう注意)

ドラッグ&ドロップする際にGoogleService-info.plistを追加して良いか聞かれるので「Destination」と「Add to targets」のRunnerにチェックが入っているのを確認し認証します。

ステップ3:Firebase SDKの追加

Flutterで開発しているiOSアプリにFirebaseを導入する場合「Firebase SDKの追加」をする必要はありません(Androidアプリの場合は必要)。

何もせず「次へ」をクリックしていきます。

ステップ4:初期化コードの追加

このステップも無視して「次へ」をクリック。

iOSアプリにFirebaseが追加できたか確認

これでiOSアプリにFirebaseを追加する全てのステップは完了です。「コンソールに進む」をクリックすればプロジェクトの管理画面に戻ります。

一度、iOSアプリを再起動してエラーが発生しないか確認しましょう。エラーが発生した場合は間違えがないか再度確認してみてください。

Firebaseパッケージの導入

Firebaseの追加が完了したらFirebaseパッケージをFlutterプロジェクトに導入します。

今回はFirebaseを使用するのに必須なfirebase_coreパッケージのみダウンロードしていきます。(Firebase AuthとFirestoreも一緒に導入しておくのがオススメ)

$ flutter pub add firebase_core
import 'package:firebase_core/firebase_core.dart';

main関数でFirebase.initializeApp()を呼び出す

import 'package:firebase_core/firebase_core.dart';
import 'package:flutter/material.dart';

void main() async {
  WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();
  await Firebase.initializeApp();
  runApp(MyApp());
}

...

firebase_coreを導入したら上記コードのようにmain()Firebase.initializeApp()を呼び出します。FlutterでFirebaseを使用するのに必要なおまじないだと思っておきましょう。

CocoaPodsのインストール

$ pod repo update
$ sudo gem install cocoapods

iOSアプリではFirebaseパッケージを導入した後にCocoaPodsをインストールする必要があります。CocoaPodsをアップデートさせた後でインストールします。

>> M1 Macを使用している方はこちら

これでiOSアプリへのFirebase導入は完了です。

AndroidアプリにもFirebaseを追加

AndroidアプリにもFirebaseを追加したい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

参考

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次