【Flutter/Firebase】新規プロジェクトを作成|セットアップ編

おすすめプログラミングスクール

▶︎ 侍エンジニア
Flutterが学習できるプログラミングスクール。エキスパートコースは転職・就職サポート付き
「エキスパートコース」の詳細は無料カウセリングで相談

▶︎ DMM WEBCAMP
自社開発・受託開発企業への転職実績多数。受講開始20日以内なら無条件で全額返金。


▶︎
ポテパンキャンプ
Webエンジニア輩出No.1。開発できる開発企業への転職成功をサポート。全額返金保証あり。


▶︎
テックブースト
フリーランス特化型プログラミングスクール。スクール在籍中に案件受注から納品を体験できる。

FlutterでFirebaseを使用するにはまず「Firebase」で新規プロジェクトを作成する必要があります。

Googleアカウントを持っていれば誰でもFirebaseを利用できます。

スポンサーリンク

目次

Firebaseで新規をプロジェクト作成

GoogleアカウントにサインインしたらFirebase Consoleを開き「プロジェクトを作成」をクリック。

既にFirebaseで他のプロジェクトを作成している場合は「プロジェクトを追加」をクリック。

プロジェクトに名前を付ける

プロジェクト名を付け、Firebaseの利用規約に同意したら「続行」をクリック。

プロジェクトの作成(Googleアナリティクスを有効化する場合)

FirebaseプロジェクトでGoogleアナリティクスを使用する場合はチェックを入れ「続行」をクリック。

アナリティクスの地域を選択、ボックスにチェックを入れ「プロジェクトを作成」をクリックすれば、新規プロジェクトの作成が始まります。

プロジェクトの作成(Googleアナリティクスを有効化しない場合)

FirebaseプロジェクトでGoogleアナリティクスを使用しない場合はチェックを外し「プロジェクトを作成」をクリックすれば、新規プロジェクトの作成が始まります。

新規プロジェクトの準備ができたら「続行」をクリック。

これでFirebaseプロジェクトの作成完了です。

作成したFirebaseプロジェクトの確認方法

Firebaseで作成したプロジェクトはFirebase Consoleのトップ画面から確認できます。

次はiOS/AndroidアプリにFirebaseを導入

Firebaseプロジェクトを作成したら、次にFlutterで開発しているiOS/AndroidアプリにFirebaseを追加していきます。

iOSとAndroidアプリの追加手順は異なるのでそれぞれ別の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

  • URLをコピーしました!
目次