【Flutter/Dart】Duration|期間指定・ある時間単位を別の単位に変換

今回はDurationの使い方を紹介します。

DurationFuture.delayedなど時間指定する必要があるWidgetなどと一緒に使用されます。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

Durationの使い方

Duration(時間単位: 値, ...);
var duration = Duration(
  days: 1,
  hours: 8,
  minutes: 56,
  seconds: 59,
  milliseconds: 22,
  microseconds: 33,
);

print(duration);

//結果
//32:56:59.022033

Durationのコンストラクタでは下記の時間単位を引数に時間(期間)を指定します。

時間単位プロパティ
days
hours
minutes
seconds
ミリ秒milliseconds
マイクロ秒microseconds

ある時間単位に統一変換

var duration = Duration(hours: 2, minutes: 30);
print(duration);
print(duration.inMinutes);

//結果
//2:30:00.000000
//150

in〇〇で指定した時間単位に統一変換します。

概要プロパティ名
「日」に単位変換inDays
「時間」に単位変換inHours
「分」に単位変換inMinutes
「秒」に単位変換inSeconds
「ミリ秒」に単位変換inMilliseconds
「マイクロ秒」に単位変換inMicroseconds
符号が負かチェックisNegative

符号が負かチェック

var duration = Duration(hours: -2, minutes: 30);
print(duration);
print(duration.isNegative);

//結果
//-1:30:00.000000
//true

isNegativeでは符号が負ならtrue、正ならfalseを返します。

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次