【Flutter/Dart】2つの文字列・数値を比較|compareTo

Dartで2つの文字列を比較する方法を紹介します。

今回は「compareToメソッド」を使用します。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

compareToの使い方

A.compareTo(B);

上記コードのように「A.compareTo(B)」で文字列を比較します。

  • AがBよりも手前に来る場合は「-1」を返します。
  • BがAよりも手前に来る場合は「1」を返します。
  • AとBが等しい時は「0」を返します。

2つの文字列を比較

var relation = 'Dart'.compareTo('Go');
print(relation);

relation = 'Go'.compareTo('Game');
print(relation);

relation = 'Dart'.compareTo('Dart');
print(relation);

//結果
//-1
//1
//0

2つの数値を比較

int num1 = 10;
int num2 = 5;
print(num1.compareTo(num2));

//結果
//1

  • URLをコピーしました!
目次