【Flutter/Dart】配列で格納する要素の型を指定する

今回はList型、Set型、Map型で格納する要素の型を指定する方法を紹介します。

配列の要素の型を指定するには山括弧<>を使用します。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

型の指定をしない場合

List list = [1, 'Hello', true];
print(list.runtimeType);
list.forEach((value) => print(value.runtimeType));

//結果
//List<dynamic>
//int
//String
//bool

上記コードでは変数listの型がList<dynamic>になっており異なる型が格納できてしまいます。

List型配列で要素の型を指定

List<String> list = ['Alex', 'Brian', 'Charlie'];

List型で格納する要素の型は<型>で指定できます。

上記コードではString型の要素のみ格納できます。

Set型配列で要素の型を指定

Set<String> list = {'Alex', 'Brian', 'Charlie'};

Set型で格納する要素の型は<型>で指定できます。

上記コードではString型の要素のみ格納できます。

Map型配列で要素の型を指定

Map<String, int> map = {
  'Alex': 18,
  'Brian': 20,
  'Charlie': 16,
};

Map型で格納する要素の型は<キーの型, 値の型>で指定できます。

上記コードではキーの型をString、値の型をintとしています。

一緒に読みたい

参考

  • URLをコピーしました!
目次