【Flutter/Dart】算術演算子|四則計算・商の余りを計算

Dartにおける「算術演算子」の使い方を紹介します。

算術演算子は足し算や引き算など計算するための演算子です。

\ 世界最大級のオンライン学習サービス /

目次

主な算術演算子

演算子意味
+足し算
-引き算
*掛け算
/割り算
~/割り算(整数値)
%余り(整数値)

足し算「+」

print(2 + 3);

//結果
//5

引き算「-」

print(2 - 3);

//結果
//-1

掛け算「*」

print(2 * 3);

//結果
//6

割り算(商はdouble型)「/」

print(5 / 2);
print(4 / 2);

//結果
//2.5
//2.0

「/」では割り算の商をdouble型で返します。

割り算(商はint型)「~/」

print(5 ~/ 2);
print(7 ~/ 4);

//結果
//2
//1

「~/」では割り算の商をint型で返します。

割り算の余りを求めるには次の「%」を使用します。

商の余り「%」

print(5 % 2);
print(7 % 4);

//結果
//1
//3

「%」では割り算の余りを返します。

インクリメント演算子・デクリメント演算子

演算子意味
++値を1増やす
--値を1減らす

「インクリメント/デクリメント演算子」はint型やdouble型の数値を1増やす/減らす際に使用できます。

インクリメント/デクリメント演算子をそれぞれ「前置」または「後置」することで計算結果(処理のタイミング)が変わってきます。

本記事では「インクリメント演算子」を使って前置・後置した際に処理がどのように異なるのか解説します。(デクリメント演算子でも同様に扱えるので省略)

インクリメント演算子を「前置」した場合

var x = 5;
var y = ++x;

print(x);
print(y);

//結果
//6
//6

インクリメント演算子を「前置」した場合、数値が1増加されてから次の処理を実行します。

上記コードの場合は変数「x」が1増加された後でprint関数を実行しています。

インクリメント演算子を「後置」した場合

var x = 5;
var y = x++;

print(x);
print(y);

//結果
//6
//5

インクリメント演算子を「後置」した場合、ある処理を実行した後(または何もしない)で数値が1増加されます。

上記コードの場合はprint関数でオリジナルの「x」の値を出力してから数値を1増加しています。

var x = 5;
x++;
var y = x;

print(x);
print(y);

//結果
//6
//6

インクリメント演算子を他の「式」中で使用しない場合、ただ数値が1増加します。

  • URLをコピーしました!
目次